コピーライティングを学ぶ

HOME > コピーについて > コピーライターになる方法 > コピーライティングを学ぶ

コピーの種類

main_top_b.png

●通学して学ぶ

●「コピーライター養成講座」
宣伝会議が運営している日本で最初のコピーライター養成講座です。卒業生には、著名なコピーライターが何人もいますし、第一線で活躍しているコピーライターもここの卒業生がたくさんいます。
東京、大阪、名古屋、福岡、札幌で開催されています。
一般コース、上級コース、専門コースなどがあります。


●「東京コピーライター養成講座」
少人数制で行われていることが特徴です。上記の「コピーライター養成講座」も、「東京コピーライター養成講座」も前身の母体は同一で、「久保田宣伝研究所」です。

main_bot_b.png

main_top_b.png

●コンテストで腕を磨く

●「宣伝会議賞」
代表的なものは、宣伝会議が主催する「宣伝会議賞」です。
アマチュアでも参加できる国内最大規模のコピーコンテストで、毎年10月頃に開催されています。
応募内容は、「キャッチフレーズ」+「企画意図」です。
webからも応募することができます。

●「BtoB広告テクノコピー賞」
社団法人 日本産業広告協会が主催するコピーコンテストです。
B to B広告に特化したコピーコンテストです。「ボディコピー」も必須です。
アマチュアでも参加できます。

●「ピンクリボンデザイン大賞」
ピンクリボンフェスティバル運営委員会が主催しているイベントで、ポスター部門・東京都コピー部門・ノベルティ部門の3部門があります。
乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えることを目的としています。

●「C-1グランプリ」
東京コピーライターズクラブ(TCC)と月刊「ブレーン」が組んで立ち上げた企画です。
毎月開催されており、応募はwebから行えます。
課題は、月刊「ブレーン」に掲載されます。応募点数は1人3点までに制限されています。

●ラジオCMコンテスト
文化放送のラジオCMコンテストが有名です。その他地方局でラジオCMコンテストを開催していることもあります。

●その他
企業や地方自治体、各種団体などが随時主催するものがあります。
「キャッチコピーコンテスト」「キャッチフレーズコンテスト」「標語募集」「ネーミング募集」などで検索してみてください。
雑誌の「公募ガイド」などにも掲載されています。アマチュアの方は、こういったものから手始めにチャレンジするといいででしょう。

main_bot_b.png

side_top_b.png

side_bot_b.png

コピーライター無料講座

キャッチコピーライター図書館

コピーライター無料講座

コピーライター無料講座

コピーライター無料講座

コピー大学案内

コピー大学案内