フリーランス

HOME > 開業届け 屋号

屋号 開業届け

main_top_c.png

屋号登録、開業届けについて

フリーランス(個人事業主)として本格的に活動したいと考えている方は、屋号をつけて開業届けを出しましょう。


7.屋号
フリーのライターの多くは個人名で活動していることが多く、屋号は必須ではありません。各自の自由です。
しかし、「▢◯△ライター事務所」「◯◯オフィス」などといった屋号をつけると、より本格的な印象を与えます。また、屋号を持っていると、屋号入りの銀行口座を開設することも可能です。

ところで「屋号は登録した方がいいのか?」という考える方もいるようですが、フリーランス(個人事業主)のライターでは必要はないでしょう。(開業届けと屋号登録は別物です)

ちなみに、屋号は法務局に書類を提出すれば登記できます。収入印紙が3万円かかります。
これが、商号登記、屋号登記、屋号登録、屋号登記などと言われているものです。

法人格(株式会社)にする場合は必要ですが、個人事業主のライターが屋号登録をする必要性はあまりないと思いますので説明はしょうりゃくします。



8.開業届け
ライターとして本格的に活動する場合は、税務署に開業届けを出しましょう。事務所の所在地(自宅兼事務所の方は自宅)を管轄する税務署に提出します。
手数料などは不要です。
市区町村によっては複数の税務署があり、所在地によって管轄が異なりますので、国税庁のHPで事前に調べておきましょう。

開業届けの提出は、開業後1ヶ月以内となっていますが、過ぎてしまっても大丈夫だと思います。問題なく受理してくれるはずです。

開業届けの用紙は、インターネット上(国税庁のホームページ)からもダウンロードできますし、税務署でも用意しています。
「開業届け 用紙」などといったキーワードで検索すると見つかります。

提出するのは1枚ですが、2枚用意しておくといいでしょう。
1枚は自分の控え用です。税務署が控え印を押してくれるので、開業届けをした確認書類になります。
屋号入り銀行口座を開設する際、銀行によっては確認書類として扱ってくれる場合もあります。(詳細は各銀行にご確認ください)

開業届けは未提出であっても罰則などががないため、開業届けを提出せずに活動しているライターも大勢います。
フリーのライターは、開業届けを提出している人と、未提出の人がいるのが現状です。
すると、「結局、開業届けは出しても出さなくてもいいのか」「出した方がいいのか?」というところで悩むことになるでしょうが、本格的にフリーとして活動する場合は、出しておいた方がいいでしょう。
確定申告・納税にもかかわります。これについては別途解説します)

屋号をつけずに、開業届けを提出することもできます。開業届けの屋号欄を空白にして提出します。
あとからでも屋号をつけることはできます。確定申告の際に屋号を記載するだけです。


9.webサイト
webサイトを持っていると、仕事の依頼がくる可能性が高まります。
独自ドメインでオリジナルのwebサイトをつくるのが理想ですが、blogやFacebookを活用している方も大勢います。
仕事の幅が広がる可能性が大きいので、本格的に活動する方はwebサイトをつくることをお勧めします。


10.仕事専用の固定電話
スマホ・携帯電話だけでも十分ですが、仕事専用の固定電話があると何かと便利です。
料金が安いIP電話などがお勧めです。


11.印鑑
請求書・見積書等に使用しますので、きちんとした印鑑を持っておくといいでしょう。
個人事業主なので、基本的には名字の印鑑です。
屋号をつけた方は、屋号印もつくるといいでしょう。

印鑑は黒水牛や柘植などでつくるのががいいでしょう。はんこ屋さん21などが手頃でお勧めです。
印鑑.JPG


角印の場合 ◯◯ライティングオフィス
丸印の場合 ◯◯ライティングオフィス+代表者の印
屋号印1.png屋号印2.png

ページトップへ

main_bot_c.png

side_top_c.png

side_bot_c.png

メルマガ購読・解除