コピーとは? 広告コピーを理解する

広告とは?

まずは、広告とは何かを理解しておきましょう。

商品やサービスなどを広く知らしめるために宣伝することが広告です。
広告を行うには、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどが利用されます。

これらは代表的な広告媒体です。

雑誌広告

他にもポスターや看板、電車の中吊り、新聞の折り込みチラシなど、身近なところに様々な広告があります。

また、カタログ・パンフレット・DMや、POPなどのSPツール(販売促進ツール)も広義の意味で広告の範疇に入ります。

近年では、インターネットやモバイルの世界にも多くの広告が存在し、バナー広告・リスティング広告を始め、メールマガジン、BlogやSNSなどを活用した新しい広告形態が生み出されています。

 

コピーとは、広告文のこと

広告の文章がコピーです。

広告ポスター

新聞・雑誌の広告を見ると、そこには大小様々な大きさの文字が掲載されていますが、それらの文章すべてがコピーです。

コピーには、

「商品・サービスの魅力を訴える」

「人の関心を惹く」

「買いたい気持ちを起こさせる」

「商品・サービス、または企業を印象づける」

といった役割があります。

 

B to B広告とB to C広告

広告宣伝を行う対象が「一般消費者」なのか「企業」かによって、広告の種類が分類されることもあります。

B to Cコピーとは?

B to Cとは「Business to Consumer」のことで、企業と一般消費者との取引のことです。「B2C」と表記されることもあります。

わかりやすく言うと、B to C広告とは一般消費者に向けた広告のことで、新聞・テレビ・雑誌など、普段目にしたり、耳にしたりするものほとんどがB to C広告です。

その際のコピーがB to Cコピーです。

B to Bコピーとは?

B to Bとは、「Business to Business」のことで、企業間取引のことです。「B2B」と表記されることもあります。

B to B広告は、企業向けの広告です。設備機械やアウトソーシングサービスなど、オフィスや工場などで使用される商品・サービスなどの広告はB to B広告です。

その際のコピーがB to Bコピーです。

 

キャッチコピー、サブコピー、リードコピー、ボディーコピー、スローガンetc.の違いは?
広告コピーの種類について解説はこちらです。

広告コピーの種類

コピーの種類を理解する意味 一口にコピーと言っても、様々な種類があり、企業や制作する媒体によって多少呼び方が変わることがあります。 「キャッチコピー」は、「キャッチフレーズ」「メインコピー」「ヘッドラ ...

続きを見る

投稿日:2019年9月24日 更新日:

Copyright© コピー大学 , 2019 All Rights Reserved.