コピーライターになるための6つの方法

フリーランスのコピーライター

 

広告代理店に就職する

広告代理店は、広告媒体を販売することを主な業務として行っている企業です。

一般の企業と同じように、営業・経理・総務・人事・事務・システム関連など、様々な職種がありますが、内部で広告制作も行っており、コピーライターやデザイナーなどのクリエイターたちがいます。

入社しても希望通りの配属になるかは、企業や本人の能力によって左右されます。

「コピーライター募集」と、職種を限定して募集を行うこともあります。

 

制作会社に就職する

制作会社は、広告制作を専門に行っている会社です。広告代理店に比べると、志望する職種に就ける可能性が高いと言えるでしょう。

広告代理店・制作会社に就職してコピーライターになるのが一般的であり、最も多いパターンです。

広告制作会社

 

企業の宣伝部に入る

企業によっては、広告宣伝を専門とした部署があります。すべてではありませんが、コピーライターという職種を設けている企業もあります。

広告代理店・制作会社と比較すると、コピーライターの数は圧倒的に少なく、コピーライターがいる企業は大手が多いのが実情です。

このパターンでは、「大手企業に就職」「宣伝部に配属」「コピーライターになる」と、複数の関門を突破する必要があります。

 

コピーライターとして独立開業する(フリーランス)

コピーライターになるのに資格は必要ないので、独立開業するという方法もあります。

フリーランスのコピーライター

いわゆるフリーランスのコピーライターです。

しかし、コピーライターとしての実績がないと仕事の獲得が困難です。

また、営業活動も自力で行う必要があります。

広告代理店か制作会社で経験を積み、フリーランスとして独立するというパターンが一般的であり、順当な道のりです。

 

コピーライター事務所に就職する

数は少ないですが、コピーライティングに専門特化している会社も存在しています。

コピーライター集団なので、レベルが高いのが特徴です。

中には「社員は自分一人だけ」という個人事務所も多く、人材採用をしていない場合も少なくありません。

 

広告関係の企業でアルバイトする

社員を募集していなかったり、社員採用試験にパスしなかった場合、広告関係の企業でアルバイトをするという手もあります。

実際にアルバイトからコピーライターになった人もいます。

コピーライターのアルバイト募集は少ないですが、広告会社に入社してからチャンスをつかみとることも可能です。

 

「特別講義」では、現役コピーライターが、コピーライターになったエピソードを紹介しています。

先輩たちはどうやってコピーライターになったか?

もくじ 特別講義 第1回「先輩たちは、どうやってコピーライターになったか?」「名刺の肩書きに『コピーライター』と印刷すればコピーライターになれる「自作の作品を用意して広告制作会社の面接に挑む」「企業の ...

続きを見る

投稿日:2019年9月25日 更新日:

Copyright© コピー大学 , 2019 All Rights Reserved.