コピーライターって、何をする人?

コピーライターとは

コピーライターとは、広告コピーを書くクリエイティブ関連の専門職です。

※(コピーについては、「コピーとは?」のページを参照してください)

コピーとは? 広告コピーを理解する

広告とは? まずは、広告とは何かを理解しておきましょう。 商品やサービスなどを広く知らしめるために宣伝することが広告です。 広告を行うには、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどが利用されます。 これらは代表 ...

続きを見る

コピーライターの仕事は、単に短い「キャッチフレーズ」を書くだけの仕事ではありません。

コピーライターの仕事

狙いは何か?

目的は何か?

ターゲットは誰か?

その広告でどんな課題を解決するのか?

そのために、どんな手を打つべきか?

表現コンセプトは?

などを考えることも仕事です。

上記のようなことを考えたり・調べたり・整理したりします。

そして、商品を売るための広告であれば、商品の特徴や魅力を引き出し、それをどのような言葉で伝えるかを考えます。

自分のデスクで言葉を考えているだけではなく、クラインアントとの打ち合わせに参加したり、関係者にヒアリングしたり、関係資料を調べたりなど、様々なプロセスを経て、コピーを考えます。

また、作ったコピーをコピーライター自身がクライアント(依頼企業)に直接説明を行うこともあります。

クライアントの役員や広告宣伝部のメンバーなど、大勢の前で行うプレゼンテーションから、2〜3名の担当者に説明するというものまで規模は様々です。

キャッチフレーズを一行書いて、それだけをクライアントに見せることもありますが、企画書という形にまとめて説明することもあります。

コピーライターは、文章家というより広告戦略の立案者といったイメージの方が近いかもしれません。

 

広告コピーができるまでの流れ(コピーライターの仕事の流れ)

オリエンテーション

クライアントから依頼内容の説明を受けます。

営業やプランナー、ディレクター、コピーライターなど数名のスタッフが行く場合もあれば、「営業だけ」という場合もあります。

プランニング

目的の明確化、課題の洗い出し、コンセプト(狙い)の作成などを行い、企画の全体像を考えます。

コピーやデザイン案も作成します。

プレゼンテーション

クライアントに企画を提案します。

複数の広告関連企業が参加する「コンペ」(コンペティションの略)の場合、提案内容が良かった会社のものが採用されます。

プレゼンテーション

広告の実制作

コンペで勝ったからと言って、提案した内容がそのまま採用されるケースは希です。

制作するものによっては、そのまま採用されることもあります。

クライアントの意見・要望を聞き、広告を作り上げていきます。

クライアントに提出

フィードバック

再提出

というプロセスをクライアントのOKが出るまで繰り返します。

紙媒体の広告の場合、プランナー、ディレクター、デザイナー、コピーライターなどのチームで進めます。

大手の広告会社の場合は、アートディレクター、コピーディレクターが加わることもあります。

写真撮影が必要な場合は、カメラマンに依頼します。

TVCMやラジオCMの場合でも企画立案までのプロセスはほぼ同じですが、制作現場では、出演者(タレントなど)、撮影スタッフなど、関わる人数はかなり多くなります。

 

コピーライターが働いている会社は?

大別すると、広告代理店や広告制作会社勤務のコピーライターと、独立してフリーで活動しているコピーライターがいます。

企業の広告宣伝部にもコピーライターがいる場合があります。

●企業の広告宣伝部

●広告代理店

●制作会社

●デザイン会社

●コピーライター事務所

●フリーランス

この他に印刷会社、web制作会社などにもコピーライターがいることもあります。

 

コピーライターへの仕事の流れ

どのような流れでコピーライターに仕事が回ってくるのかを、代表的な例をあげて説明します。
画像をクリックすると拡大します。

コピーライターへの仕事の流れ1

 

コピーライターへの仕事の流れ2

 

コピーライターへの仕事の流れ3

上記はあくまでも例です。

クライアントから直接依頼を受けるケース、制作会社が間に数社入るケースなど様々なパターンがあります。

 

投稿日:2019年9月25日 更新日:

Copyright© コピー大学 , 2019 All Rights Reserved.