コピーのつくり方

誰もが納得するキャッチコピーが書ける基本的な考え方

プロのコピーライターも使っているコピーづくりの考え方

 

誰もが「なるほど!」と納得するようなキャッチコピーを書いてみたいと思いませんか?

「キャッチコピーの作り方なんてよくわからない」

「キャッチコピーづくりにコツなんてないでしょ?」

「結局センスなんじゃないの?」

そう考える人もいるかもしれませんが、キャッチコピーづくりの“基本“は、案外シンプルなのです。

今回説明するのは、あくまでもキャッチコピーづくりの王道的な手法であり、プロのコピーライターなら誰もが知っている考え方です。

シンプルだけど、コピーづくりの基本であり、けっこう強力なキャッチコピーが作れたりもします。

 

そもそもキャッチコピーとは何か?

 

「人々の興味を惹く」

「商品を欲しいと思わせる」

「イメージアップを図る」

など、広告の目的によっても異なりますが、キャッチコピーの基本は、

消費者に伝えたい沢山の事柄を“要約“した言葉

です。

要約と言っても難しくは、ありません。

ビジネスパーソンも主婦も子供も含めて、誰もが日常的にやっていたりします。

「要するに〜」

「早い話が〜」

「端的に言うと〜」

「つまり、こういうことなのよ」

これが要約です。

ビジネスパーソンは、企画書作成やプレゼンでも要約を多用していると思います。

企画書を見せる相手は、上司・経営層・顧客などさまざま。

共通しているのは、「時間がない」「そもそも企画に興味を持っていない」人が多いことです。

だから、冒頭で端的に概要を伝える必要があります。

良い企画書の冒頭部分には、大切なポイントが要約されているものです。

これは、プレゼンでも同様です。

基本的なキャッチコピーの作り方

 

「要約」と考えると、なんだか難しく感じてしまうので、以下の手順に沿ってキャッチコピーを作ってみるとよいでしょう。

「要するに〜」

「早い話が〜」

「端的に言うと〜」

「つまり〜」

上記の「〜」の部分の言葉を考えてみると、キャッチコピーが作れます。

 

この方法は、プロのコピーライターも使っています。

「アイデアがどうしても浮かばない」「基本に戻ってもう一度考え直してみよう」というときにも役立ちます。

 

■事例

たとえば父の日。

百貨店などでは、「父の日には贈り物を」とアピールしますね。

では、父の日とは、どんな日なのか。

「要するに〜」
「早い話が〜」
「端的に言うと〜」
「つまり〜」

と、考えると・・・。

 

お父さんを、グッとさせる日

 

三越伊勢丹 百貨店 デパート FATHER'S DAYのコピーです。

 

人気記事

1

  もくじ 広告代理店に就職する制作会社に就職する企業の宣伝部に入るコピーライターとして独立開業する(フリーランス)コピーライター事務所に就職する広告関係の企業でアルバイトする 広告代理店に ...

2

特別講義 第1回「先輩たちは、どうやってコピーライターになったか?」 コピーライターになるための代表的な道のりは、「広告代理店や広告制作会社に就職する」ことです。 現在活躍している多くのコピーライター ...

3

通学して学ぶ 「コピーライター養成講座」 宣伝会議が運営している日本で最初のコピーライター養成講座です。 卒業生には、著名なコピーライターが何人もいますし、第一線で活躍しているコピーライターもここの卒 ...

-コピーのつくり方

© 2021 コピー大学