ブランディングについて部下が理解できるように説明できますか?

HOME > ブランディングについて「部下」が理解できるように説明できますか?

ブランディングについて、部下が理解できるように説明できますか?

main_top.png

あいまいになっているブランディング

silhouette1.png
ブランディングの重要性を感じ、ブランド戦略を推進している企業は少なくありません。
しかし、長い時間と巨費を投じてブランドメッセージやロゴマークをつくったり、新聞やテレビ広告を行ったのに、「掛け声だけになってしまっているのでは…」と、多くの企業担当者が頭を悩ませているという現実があります。また、ブランド推進を行っていこうと、書籍やインターネットなどから情報を得て理解を深めようとすればするほど「結局ブランド戦略とは何だろう?」と混乱してしまい、実際にブランディングを推進している企業が、「これでいいのだろうか?」と釈然としない気持ちを抱えていることも多いようです。

また、
「当社でもブランディングを」
と言っている上司が、部下に対してブランディングについて、部下に対してわかるように説明出来ないことも多いようです。

では、どうしてこのようなことが起こってしまうのでしょうか?


それは、広告やマーケティングの先進国である欧米の手法をそのまま取り入れてしまい、明確な認識のないまま広まってしまったことに起因しています。
似たような例として「コンセプト」があります。コンセプトは「概念」「目的」「狙い」「アイデア」「新しい価値を生み出す方法」「アプローチの方法」「考え方の根幹」などと様々な解釈で使用されており、コミュニケーションギャップが生じることがあります。それと同様に、「ブランディング」も人によって解釈が異なるまま、ビジネスの世界で日常的に使用されるようになってしまいました。

main_bot.png

main_top.png

ブランディングは「多義語」である

imi.png

「顧客に対する企業の約束」
「企業理念の視覚化」
「企業価値を高めること」
「ファンづくり」
「どう思われたいかというイメージづくり」
etc.

他にもいろんなことを言う人がいます。

main_bot.png

main_top.png

なぜ、ブランディングがうまくいかないのか?

「ブランディングとは何か?」
それぞれのとらえ方が異なっていたり、解釈があいまいなまま、打合せ・会議・プレゼンテーションなどで「ブランディング」や「ブランド戦略」などという言葉がごく自然に使われるようになってしまい、今さら「ブランディングとは何ですか?」と聞けない状況を作り出してしまいました。

しかし、あいまいなままブランディングを推進してしまうと、あいまいな結果しか生まれません。
ブランディングを成功に導くには、「ブランディングに対する社内の共通理解」が必須です。
共通認識を持たないまま推進することは、各々が違ったゴールを目指していくようなものです。
goal.png
どちらが期待している結果を得られるかは一目瞭然です。

それでは、次にブランディングの基礎を理解するために、ブランディングの変遷をざっとおさえておきましょう。

main_bot.png

side_top.png

side_bot.png