信頼される企業になるには

HOME > 信頼される企業になるには

信頼される企業になるには

main_top.png

信頼される企業になるには

それでは、具体的にどのようにすれば信用・信頼を勝ち得ることができるでしょうか?

人の場合を考えてみましょう。
人から信頼を得るためには、どうしたらいいでしょうか。
「嘘をつかない」「誠実な対応をする」「約束を守る」ことなどだと思います。
そうした行為を地道に繰り返していくことで信頼関係は構築されていきます。
営業パーソンが何度も顧客を訪問し、少しずつ親しくなって信頼を得ていくように、信頼の構築には時間がかかるものです。
大きな信頼は、小さな信頼を積み重ねていくことによって得られるのです。

kaidan.png
●信頼は、日々の行いの積み重ね

main_bot.png

main_top.png

ブランディングとは?

また、信頼のおける人は一本芯が通っており、力強さがあります。
その反対に、しっかりとした自分を持っていない人は、優柔不断で頼りなさを感じてしまいます。
芯が通っていない人は、言っていることと行動が一致しなかったり、その場その場で言うことが変わったりと、一貫性がありません。信頼できる人は揺るぎない核を持ち、一貫性があります。

企業で置き換えると、核はビジョンや企業理念に相当します。ビジョンは、企業の存続理由であり、何にも代えられない思いです。利益を追求することよりも大切なことです。
「企業とは本来どうあるべきか?」
それを考える、あるいは見直し、実践していくことこそがブランディングなのです。

ブランディングとは?

ビジョンを明確にし、
それを実現するための活動

main_bot.png

main_top.png

ブランディングの全体像

しかし、立派な志や理念を持っていても、何も表現しなければ伝わりません。社会に対して企業姿勢を発信することもブランドの確立には欠かせない要素であり、社名やロゴマーク、商品・製品のデザイン、ホームページや広告などを洗練させることも必要です。

all.png

ブランディングの推進には、
内側と外側の両方に磨きをかけることが必要です。

main_bot.png

side_top.png

side_bot.png