ブランディングにの定義を考える

HOME > ブランディングの定義とは?

共通認識を持てばブランディングはうまくいく

main_top.png

ブランディングの定義を明確にして、共通認識を持つ

ブランディングは、表面的にはロゴマークや社名などを刷新することのように見えますが、本質は違います。また、前述した通り、ブランディングに対する解釈は様々で定義はひとつでありません。ブランディングを正しく理解して推進するには、定義づけを行い、社内で共有化することが肝心です。

「なぜブランディングを行うのか?」
まず、そこから考える必要があります。
売上や利益を上げることは企業の目的ではなく結果(もしくは手段)ですので、それ以外の理由です。


「イメージアップを図りたい」とか「企業価値や商品価値を上げたい」など様々な答えが出てくるでしょう。さらに突きつめると、
「○△□社の商品なら安心だ」
「○△□社に任せれば大丈夫だ」
「○△□社の製品だから購入しよう」
「○△□社の商品だから間違いないだろう」
など、「顧客から選ばれる企業になりたい」という願望があることに気がつきます。
選ばれる企業

main_bot.png

main_top.png

なぜ、ブランディングがうまくいかないのか?

では、選ばれる企業とはどういうものでしょうか。
それは「信頼される企業」になることです。
「信頼される企業」がイメージしくにい場合は、「信用できない企業」から考えてみるとわかりやすいでしょう。

hikaku.png

main_bot.png

side_top.png

side_bot.png