企画づくり

企画書づくりの見本2 

少し詳しい内容を盛り込んだ企画書

社内で企画を立て実施するときの企画書見本です。

社内企画の場合、見せる相手が上司、役員などが中心になりますので費用対効果が重視されます。

「どんな効果・メリットがあるのか」「いくらかかるのか」を知りたがります。

そして、裏付けも必要です。

この企画を実施すると「効果が上がる根拠は何か?」ということです。

数字やデータなどがあると、説得力のある企画書になるでしょう。

1.企画書の表紙

企画書の表紙

 

2.目次

企画書のページ数が多くなる場合は、目次をつける

企画書の目次

 

3.はじめに

企画立案の発端や時代背景など

はじめに

4.概要

企画の全体像がわかるように

企画概要

 

5.企画の詳細1

企画の詳細

企画の詳細 その1

 

6.企画の詳細2

内容によっては複数のページで説明

企画の詳細 その2

 

7.費用対効果

社内企画では特に重要

費用対効果

 

8.課題

企画を実行するにあたって課題になること
質問や反対意見などを想定

課題

 

9.課題の解決策

課題解決のためのプランを提示

課題の解決策

 

10.参考データ

参考データで企画実行の必然性を

企画書に添付する資料

 

11.その他

企画を成功させる補強プラン

企画

-企画づくり

© 2020 コピー大学