企画づくり

企画書の見本 新規顧客獲得のための企画書

企画書を作って新規顧客を獲得する

営業をする際に必須なのが、会社案内や製品パンフレットなどです。

しかし、これだけ持って営業しても、なかなか受注にはつながりません。

そんなときに強力な武器となるのが企画書や提案書です。

営業用の企画書にはどんな企業にも適応できる「汎用的な企画書」と「特定の企業のみに特化した企画書」の2種類があります。

ここでは、営業用の「汎用的な企画書」の一例を紹介します。

※表紙や目次などは割愛します。

 

①課題を投げかける

営業する企業が抱えている課題や悩み、要望などを記述。

今までの営業経験の中から、相手から言われた要望や課題などを思い出しましょう。

また、日頃からのリサーチしておくことも大切です。

何気ない会話やふともらした言葉などに「相手の本音」が隠れているものです。

②製品概要の説明

製品・サービスの全体像がわかる説明。細かい部分ではなく全体像を伝える

企画の全体像を伝える

 

③解決策の提示

「どんな課題や悩みを解決してくるのか」「何が実現できるのか」を説明。

説明を聞いた相手は、疑問をもったり、質問してくることがあります。

予め予想される質問を考え、答えを用意しておきましょう。

最後のページに「Q&A集」「FAQ]などを設けておくのもいいでしょう。

解決策の提示

④他社との比較

機能・サービス・コストなどの比較一覧は、良さを伝えるための有効な手段です。

競合との比較

人気記事

1

  もくじ 広告代理店に就職する制作会社に就職する企業の宣伝部に入るコピーライターとして独立開業する(フリーランス)コピーライター事務所に就職する広告関係の企業でアルバイトする 広告代理店に ...

2

もくじ 特別講義 第1回「先輩たちは、どうやってコピーライターになったか?」「名刺の肩書きに『コピーライター』と印刷すればコピーライターになれる「自作の作品を用意して広告制作会社の面接に挑む」「企業の ...

3

もくじ 通学して学ぶ「コピーライター養成講座」「東京コピーライター養成講座」コピーの学校。通信講座で学ぶ実践コピーライター講座コンテストで腕を磨く「宣伝会議賞」「ピンクリボンデザイン大賞」「C-1グラ ...

-企画づくり

© 2020 コピー大学