企画づくり

企画書の見本 新規顧客獲得のための企画書

企画書を作って新規顧客を獲得する

営業をする際に必須なのが、会社案内や製品パンフレットなどです。

しかし、これだけ持って営業しても、なかなか受注にはつながりません。

そんなときに強力な武器となるのが企画書や提案書です。

営業用の企画書にはどんな企業にも適応できる「汎用的な企画書」と「特定の企業のみに特化した企画書」の2種類があります。

ここでは、営業用の「汎用的な企画書」の一例を紹介します。

※表紙や目次などは割愛します。

 

①課題を投げかける

営業する企業が抱えている課題や悩み、要望などを記述。

今までの営業経験の中から、相手から言われた要望や課題などを思い出しましょう。

また、日頃からのリサーチしておくことも大切です。

何気ない会話やふともらした言葉などに「相手の本音」が隠れているものです。

②製品概要の説明

製品・サービスの全体像がわかる説明。細かい部分ではなく全体像を伝える

企画の全体像を伝える

 

③解決策の提示

「どんな課題や悩みを解決してくるのか」「何が実現できるのか」を説明。

説明を聞いた相手は、疑問をもったり、質問してくることがあります。

予め予想される質問を考え、答えを用意しておきましょう。

最後のページに「Q&A集」「FAQ]などを設けておくのもいいでしょう。

解決策の提示

④他社との比較

機能・サービス・コストなどの比較一覧は、良さを伝えるための有効な手段です。

競合との比較

-企画づくり

Copyright© コピー大学 , 2020 All Rights Reserved.