ブランディング

ブランディングの進め方

ブランディングを成功させるためには

ブランディングは多義語であり、『あいまいな概念』です。

人それぞれが異なった捉え方をしています。

その証拠に社内において「ブランディングとは何ですか?」と質問すれば、様々な答えが返ってくるでしょう。

また、ブランディングを行っているコンサルタントファームや広告代理店・PR会社、制作会社によっても答えはまちまちです。

進め方もそれぞれ異なっています。

ゆえに「ブランディングとは何か?」という議論することは、さほど重要ではありません。

大切なのは、ブランディングを行いたいと思っている企業が定義づけを行い、社内で共通の認識を持ち推進していくことです。

たとえば、ブランディングを「ファンづくり」と定義すれば、ぐっとわかりやすくなって進めやすくなります。

さらに「webを活用してファンづくりを行う」と、目的を具体化すれば、やるべきことも見えてきます。

「どのような状態にしたいのか?」「何をしたいのか?」を明確にすれば、それを実現するためのアイデアを考え、実行していけばよいということがわかります。

しかし、ブランディングは行いたいが、肝心な目的や目標が定まらない場合も少なくありません。

こうした場合、「何をやろうとしているのか?」「どうしたいのか?」というところから整理していく必要があります。

 

ブランディングの定義づけを行い、社内で認識を統一する。

 

「何をしたいのか?」「目指すゴールは?」を明確に

 

ブランディングを進めるにあたっては、この2点を明確にしておくことが重要です。

 

ブランディング推進 基本スタイル

 

step
1
方向性の確認

 

step
2
現状把握

 

step
3
社内外への調査・ヒアリング

 

step
4
SWOT分析や資源・魅力の掘り起こし

 

step
5
ゴールの明確化

 

step
6
具体的な実行案の策定

 

step
7
実施

 

概ね、このような進め方が一般的です。

差はありますが、1〜6のプロセスで1〜2年というのが平均的です。

7の実施は具体的に何を行うかによって期間は変わってきます。

 

 

人気記事

1

  もくじ 広告代理店に就職する制作会社に就職する企業の宣伝部に入るコピーライターとして独立開業する(フリーランス)コピーライター事務所に就職する広告関係の企業でアルバイトする 広告代理店に ...

2

もくじ 特別講義 第1回「先輩たちは、どうやってコピーライターになったか?」「名刺の肩書きに『コピーライター』と印刷すればコピーライターになれる「自作の作品を用意して広告制作会社の面接に挑む」「企業の ...

3

もくじ 通学して学ぶ「コピーライター養成講座」「東京コピーライター養成講座」コピーの学校。通信講座で学ぶ実践コピーライター講座コンテストで腕を磨く「宣伝会議賞」「ピンクリボンデザイン大賞」「C-1グラ ...

-ブランディング

© 2020 コピー大学