特別講義

独学でコピーライターになれる? コピーライティングの独学方法5選

独学でコピーライターにとって必要なスキルを身につける方法

 

コピーライティングスキルを独学で身につけることは可能です。

コピーライターにとって必要な要素はいろいろありますが、コピーライターの基本は「考える」「調べる」「課題を解決する」「文章を書く」ことです。これらの経験がない人は、まずいないと思います。

小学生でも、これらのことは既に経験済み。

誰もが基本スキルを身につけているので、あとは磨きをかけていくだけ。

コピーライターを目指すのは、独学でも十分可能です。

この記事では、コピーライティングスキルを身につけるための独学方法も紹介します。

ここで紹介するのは、第一線で活躍しているコピーライターたちも駆け出しの頃にやっている方法です。

著名なコピーライターの中には、独学だけでコピーライティングを学習し、まったくの異業種から広告業界に転職してコピーライターになった例もあります。(正確な人数を調査したわけではありませんが、案外少なくありません)

さらに、コピー大学が独自で考案した方法も紹介します。

 

たくさんの広告コピーに目を通す【コピーライター 独学方法1】

プロを目指すならプロの作品に触れることは基本中の基本です。

画家を目指す人が、一流の画家の作品を数多く見る。

小説家を目指している人が、たくさんの小説を読む。

プロを目指すなら当然のことですね。

新聞、雑誌、チラシ、ダイレクトメール、インターネット上、スマホで見ている様々情報の中にも広告はたくさんあります。

しかし、すべての広告コピーが良いわけでありません。

プロを目指すなら一流から学ぶことが大切です。

第一線で活躍しているプロのコピーライターが書いたキャッチコピーをまとめて見られる書籍がありますので、それらを活用すると良いでしょう。

代表的なのは、「コピー年鑑」(東京コピーライターズクラブ)です。

 

1960年代に創刊され、途中から毎年発売されるようになりました。

毎年優れた広告作品を選出して掲載した書籍です。

特徴は、「コピー」に重点を置いて選ばれた広告が掲載されていること。

キャッチフレーズ、ボディコピー、ネーミング、テレビ・ラジオCM、Webなど、さまざまなジャンルの広告コピーが掲載されています。

新人に対して10〜20年分の「コピー年鑑」に目を通すことを課している大手広告代理店もあります。

「広告とは何か?」

「キャッチフレーズとは?」

といった基礎を感覚的に理解することにつながります。

2万円という高価な書籍なので、独学する場合は図書館で借りるのがお勧めです。

コピー年鑑は、特定の年の広告だけなので、多少偏りがあります。

時代を超えて名作と言われているキャッチコピーもたくさんありますので、それらも知っておくと良いでしょう。

「日本のコピーベスト500」など、さまざまな書籍が出ています。

 

良いキャッチフレーズを選ぶ目を養う 【コピーライター 独学方法2】

キャッチコピーには、「いいんじゃない」というものから、「まあ、そうかな」「う〜ん」「それが何か?」「心をぐっとつかまれた」というものまでさまざまです。

心をぐっとつかまれるようなコピーには、はっきりとした理由があるものです。

良いと思ったコピーを「なんとなくイイ感じ」で済まさず、

「なぜ、そのコピーに心を動かされたのか?」

「そのコピーのどこが良いのか?」

を考え、理由を明らかにする習慣をつけましょう。

すると、良いコピーを選ぶ力が身につきます。

良いコピーを選ぶスキルは、コピーづくりにも役立ちます。

コピーライターはたくさんのコピーを書きますが、採用されるのは基本的にたった1本のコピーだけ。

50本、100本、それ以上つくることもあるかもしれません。

でも、100本作ったからと言ってすべてのコピーをクライアントに提案するわけではありません。

数本、多くても十数案程度です。

クライアントに提案する際には、たくさん作ったコピーの中から良いものを選ぶという作業が発生します。

良いコピーを選ぶチカラを身につけることは、コピーづくりにも役立つのです。

 

プロのキャッチコピーを書き写す【コピーライター 独学方法3】

 

良いキャッチフレーズを写経にように書き写すのは、コピーライターを目指す人の基礎的な訓練方法です。

一流の人の作品を書き写すのは、小説家を目指す人もよくやっている練習方法です。

作家の息づかいや文章の流れ、構成、発想法なども含め、『頭だけでなく、体(感覚)』でつかみ取ることができます。

「手書きで文字を書く」という行為は、脳に刺激を与えるということは、脳科学の分野でも有名な話です。

パソコンでキーボードを使って入力するのではなく、「手書き」がポイントです。

実際に、手書きとキーボード入力で得られる「感覚」「思考への刺激」の違いを感じてみてください。

手を動かしてコピーを書き写すことで、「思考力に拍車がかかる」「アイデアがひらめく」「何かに気づく」という効果を得ることができます。

ノートやコピー用紙を用意して、手書きで何度も書き写してみましょう。

 

100本コピーノック【コピーライター 独学方法4】

1つの案件で、最低100本のコピーを書く。

これは、新人コピーライターやコピーライターを目指す人なら、誰もが経験することになると思います。

独学でスキル磨きに活用する場合は、「キャッチコピーコンテスト」を利用するのが良いでしょう。

コンテストは、「賞金がもらえる」「実績になる」というメリットがあるので、モチベーションを保ちながら取り組めます。

「数は質を生む」
「量は質を凌駕する」

ということです。

 

 

逆コピーライティング【コピーライター 独学方法5】

 

良いコピーを取り上げて、そのコピーを作った思考プロセスを想像するという、コピー大学が考案した練習方法です。

 

「どうやってそのコピーを作ったのか?」

「どんな課題があったのか?」

「どんな解決策を見出したのか?」

「何を伝えたいと思ったのか?」

などを想像することで、「考える力」「コピーライターの発想法」に磨きをかけます。

 

 

まとめ

 

コピーライターを目指している人向けに、5つの独学方法をご紹介しました。

全部試すのも良いですし、とりあえずすべて少しずつ試してみて、「自分に合っている」と思ったものを2〜3ピックアップして継続するというやり方もありだと思います。

大切なのは、実際に試してみること。

少しでもいいので、ぜひやってみてください。

人気記事

1

  もくじ 広告代理店に就職する制作会社に就職する企業の宣伝部に入るコピーライターとして独立開業する(フリーランス)コピーライター事務所に就職する広告関係の企業でアルバイトする 広告代理店に ...

2

もくじ 特別講義 第1回「先輩たちは、どうやってコピーライターになったか?」「名刺の肩書きに『コピーライター』と印刷すればコピーライターになれる「自作の作品を用意して広告制作会社の面接に挑む」「企業の ...

3

もくじ 通学して学ぶ「コピーライター養成講座」「東京コピーライター養成講座」コピーの学校。通信講座で学ぶ実践コピーライター講座コンテストで腕を磨く「宣伝会議賞」「ピンクリボンデザイン大賞」「C-1グラ ...

-特別講義

© 2020 コピー大学