企画部

企画書づくりのコツ3 パソコンを使わない

HOME > 企画書づくりのコツ3

企画書を簡単につくるコツ3 パソコンを使わない

「パソコンを使わないでつくる」こと。

これが3つめのコツです。

18657938_s.jpg


企画書を作成するに際に思い浮かぶのは「PowerPoint」です。(Macユーザーの方は「keynote」でしょう)

多くの方は、企画書作成となると、PowerPointを立ち上げてしまうことでしょう。
そして、画面を見ながら、タイトルを入力したり、フォントの種類やサイズなどを調整したり、グラフを作ってみたり、写真やイラストを挿入してみたりなどするでしょう。


あるいは、こんなことも起こります。調べ物をするためにネットで検索しているうちに、いつの間には関係ないサイトを読んでいた・・・。

19726326_s.jpg

と、気づかぬうちに無駄な時間を費やしてしまうことがあるからです。



PowerPointなどのソフトを使うのは、企画書作成の最後の仕上げだけにしましょう。
その方が、効率的に企画書の作成が行えます。
実際に、ある企業がパソコン使用の制限を行ったところ、業務効率がスピードアップしたという結果になったそうです。


1.ノートやコピー紙などを使い、アイデアや構成案を先につくる。

2.構成案に従って、文章を書く(この段階ではテキストエディタなどを使ってもいいでしょう)

3.PowerPointなどを使って企画書に仕上げる。