企画部

企画書づくりのコツ2 情報を集めすぎない

HOME > 企画書づくりのコツ2

企画書を簡単につくるコツ2 情報を集め過ぎない

最初から立派な企画書をつくろうとしないことです。
1つめのコツと似ていますが、最初から数十ページもの分厚い企画書を作ろうとか、データや調査資料、参考事例などをふんだんに盛り込もうと考えない方がスムーズにつくれます。


最初からたくさんの資料を調べたり、検索して情報を集めすぎると、あれこれと盛り込みたくなってしまい、支離滅裂な企画書になってしまうケースが少なくありません。

多くの資料やデータがあると、説得力が増すような気がしますし、「すごい企画だ!」と自分の企画に酔ってしまうことがあります。

「けっきょく何がいいたいの?」
そんな企画にならないようにするためにも、できるだけシンプルに作るように心がけましょう。

「説明が足りない」「裏付けが弱い」などと感じたら、その分を後から付け足せばいいのです。

企画はシンプルにつくる。

まずは、そこからスタートしましょう。

あれもこれも盛り込みたくなってしまうので、最初から情報を集めすぎないように気をつけましょう。