取材・インタビューの質問の作り方

HOME > 取材・インタビューの質問の作り方

特別講義

main_top_c.png

取材・インタビューの質問の作り方

1.適切な質問をつくるには、企画意図を明確にすること。

取材・インタビューにおいての質問は、「どのような記事を書くのか?」という企画意図によって決まります。
極端な言い方をすると、企画内容が不明確だと質問のつくりようがありません。

たとえば、企業の社長に「最も感銘を受けた本」という記事を書くことになったとします。
18461226_s.jpg
これだけで質問をつくることも可能ですが、企画意図が不明瞭なので、
「その本を読もうと思ったきかっけは?」
「その本を読んだのは、いつ頃のことですか?」
「その本のどのあたりに感銘を受けましたか?」
といった「浅い質問」になってしまい、結果として浅い記事になってしまう恐れがあります。

取材・インタビュー記事で、良い文章を書くには、「適切な質問」を用意することは重要です。
適切な質問をつくるには、企画意図を明確にしてく必要があるのです。

この場合、「最も感銘を受けた本」という記事の企画意図は何か?を明らかにしなければなりません。
企画意図とは、「誰に」「何を」ということです。

たとえば、
「ビジネスをするにあたって企業トップが感銘を受けた本を紹介し、30代のビジネスパーソンに、仕事への取り組み姿勢の参考にしてもらう」
というようなことです。

企画意図が明確になると、
「この本を読んだことで、仕事に対する姿勢がどのように変わりましたか?」
「現代の30代にとって、この本が必要だと思う理由は何ですか?」
などと、質問内容がより『具体的』になるのです。

質問づくりのポイント
企画意図を明確にしていくと、いくつかの疑問が浮かんできますので、それを質問にします。


ページトップへ

main_bot_c.png

main_top_c.png

2.事前に得た情報から聞きたいことをピックアップする。

取材・インタビューの前には、取材対象者のことを調べることはライターとしての基本です。前述の例の場合、取材対象者は企業の社長です。
過去の新聞や雑誌の記事、インターネットに掲載されている記事などで調べます。どうしても自分で情報入手が困難な場合は、先方に「取材するにあたって参考になるような資料」をもらうようにお願いしてみましょう。

事前に入手した資料を読むと、「なぜ?」という疑問が浮かんでくることがあると思います。
取材時に、そのことを質問してみましょう。

質問づくりのポイント
取材対象者についてのことを調べると、自然に聞きたいことが出てくるものです。

ページトップへ

main_bot_c.png

main_top_c.png

3.質問づくりの3つのポイント

「なぜ、そう考えたのか?」
「きっかけは何か?」
「どう思ったか?」

これは、質問をつくるときのポイントです。

「本を読んで───ということでしたが、なぜ、そう考えたのですか?」
「これまでにたくさんの本をお読みになったと思いますが、この本のどんなところが30代ビジネスパーソンの役に立つと思いましたか?」
「社長ご自身、この本をお読みになろうと思ったきっけは、どのような状況のときだったのですか?」
「本を読んだときに、まず最初にどう思いましたか?」

質問づくりのポイント
3つのポイントを意識すると、具体的な質問が出来上がります。

ページトップへ

main_bot_c.png

side_top_c.png

side_bot_c.png

メルマガ購読・解除