取材・インタビューのコツ

HOME > 強みを持ったライターになる

強みを持ったライターになる

main_top_c.png

ライターとしての強みを持つ

専門ライターになれなくても、強みを持っておくことは重要です。

専門家とまでは言えなくても、「特定の分野の実績がいくつかある」「その分野はある程度詳しい」ということは、ひとつの強みになるでしょう。
料理が好き、お菓子づくりが得意といった趣味程度のことも仕事に活かすことが可能です。


また、以下のようなことも強みになるでしょう。

・企業の社長インタビューの経験が豊富
・キャッチコピーも書ける
・文章を書くだけでなく、記事の企画立案や構成案もつくれる


ページトップへ

main_bot_c.png

main_top_c.png

「キャッチコピーも書けるライター」

「キャッチコピーも書ける」というのは、それなりの強みになるでしょう。
コピーを書ければ、ライター以外に、コピーライターとして仕事の幅を広げていくことが可能です。

web制作の文章制作は、ライターが起用されることが多いのですが、「キャッチコピーが書けない」「書き方がわかならい」といったライターも少なくありませんので、充分な強みになります。

キャッチコピーを書けるにようにるためには、広告制作や販促、マーケティングなどを勉強するといいでしょう。

ページトップへ

main_bot_c.png

side_top_c.png

side_bot_c.png

メルマガ購読・解除